なんだか物々しいと言うか雄々しいと言うか。
存分にわけがわかりませんけれど、多分深い意味なんてありません。