私がGMをしました、耽美と悦楽と怠惰の競演たる、始終終始同着型の特殊DXセッション……
「逆巻き琴線――喪失ひ旋律」の絵です。→『歪』index.(別窓開きます)



PC1の、神無月柊(かんなづき ひいらぎ)君。
読書と授業中の惰眠が好きな、アンニュイボーイ。
しかし、自分の腕に榴弾射出装置を仕込むなど、さりげなく不気味な常識逸脱をしています。




PC2の、清智姫巳(さやち ひめみ)さん。
品行方正な生徒会長で且つ弓道部主将と言う顔(左)と、
淫靡な快楽殺人鬼「赤口(ミシャグジ)」と言う顔(右)の、矛盾する二面を内包する女性です。




PC3の、瑕耽(かたん)。
御主人様に創られし仮初の命を持つ、発狂するほど美しい人形。
愛する御主人様からの愛――溺れるほどの“ソレ”のみを欲し、因果を歪めて存在しています。


以下、NPC。



館の主たる端麗にして美麗な、音鍵遺櫃(おとかぎ いびつ)。
顔立ちから立ち振る舞い、仕草の一つ一つ、それらがどれもこれも余すところ無く麗しい。
戦慄を禁じえないほどの表情の奥に、一体何が渦巻いているのでしょう?




音鍵遺櫃が妹、音鍵避澄(おとかぎ ひずみ)。
兄に劣らず人の極地とも言える美貌を持ち、その瞳はまるで万物を魅了するが如く。
遺櫃と憚る事無く愛し合った過去があるようですが、今は神無月柊を溺愛しているそう。




末っ子。音鍵遊噛(おとかぎ ゆがみ)。
何もかもを翳ませるほどに美しい。
その他に何の言葉が要りましょう?




館の執事、根津(ねづ)。
顔の上半分が切除されていて、存在しません。しかし、主人に忠実に仕事をこなします。




館のメイド達、七名。
揃って顔の下部が切除されていて、声を発することはありません。
身長が低い方から……
否螺(いなら)、賂梨(ろなし)、葉等(はなど)、似慣(になれ)、穂波(ほなみ)、経花(へなふぁ)、隣祖(となそ)。