第三幕
Touch the Switch. Which is Which? ―みがかれわれかがみ―

Middle Phase 1
←前へ 次へ→



   シーンプレイヤー:八月朔日遙

GM おさらいして置いて下さい。 それと、タイトルなどを少々変えたので、それの確認。
遙さんの任務は? 徹君の記憶は? 沖那さんの邂逅は? 明彦君の仕事は?
それぞれ大丈夫ですか?
明彦 ああ。俺はこれから情報探しにUGNに行った所だしな。八月朔日とも合流できるだろ。
僕は特にやることないんで、委員長に報告しようかな。
私、オリジナルと思しきエージェントに会いに行くんですが、いや、知らないですけど(笑)
沖那 私はチェシャとブーツに不思議の国へ連れて行かれたトコだったな
沖那先輩どうしよう(笑)
まぁ、前回のセンパイの如く、その内に夢世界から帰ってくるでしょう(笑)
明彦 ほほう(笑)
沖那 ははは(笑)
不思議の国に(笑)
目覚めた時、枕元に扇君が立っているでしょうから、我々の場所を聞いてください(笑)
ストーリーテラーかもしれない(笑)
枕元にストーリーテラーって、それどんな絶体絶命?(笑)
明彦 まぁ、そんな感じでPC側はOKだ。
GM と、しますと……やはり、遙さんから、でしょうかね。
いいんちょー
とりあえず、私は世鏡映詩に会いに行くんですね。
GM 会いに行くも何も、場所自体知れてませんけれどね。


明彦 さて。すると俺が途中で出てくる可能性もあるな>八月朔日から
連絡があれば、というか居場所は知れていないんですか。
GM そうですね。 明彦君は登場可能、でしょうか。
明彦 何、調べているのが同じ人物だ。
UGNに行くんだからすれ違ってもあの支部長から『一緒に調査して』とか言われるだろ。
そもそも、3人に協力を求めるように言われているんですよね、実は。
明彦 ああ、丁度良い事にな。
じゃあ先に合流する?
GM ですね。 ですが、徹君と沖那さんはなんだか倒れてますので。
(ころころ……) 43+[1] = 44
おお、素晴らしい!
沖那 おお
明彦 では、俺も振っておくか。
(ころころ……) 41+[3] = 44
お、何だか今回は出目が低い(笑)
沖那 なにー(笑)
ええっ!!
GM 偽者が二人居ます。
ふ、二人て(笑)
沖那 いや、八月朔日はいつも後半からだからな(笑)
茂野はおかしいが(笑)
不吉な!(笑)>後半
不吉な予感が(笑)>残り二人
明彦 まぁ、取り合えずシーンを始めよう。シーンプレイヤーは八月朔日だな?
GM ええ。
UGN支部ですかね。合流するのなら。
GM ん、まずは支部に居ますか?
はい、とりあえず、他の3人に協力を仰ぐよう言われたので。
情報収集も兼ねてセンパイに連絡を取りましょう。
GM 了解です。どうぞ。
明彦 ああ、丁度今向かっているしな。連絡を取ろうと思ったら現れた、でも良いが。
GM どちらでもいいですよ。 どちらかと言うと外の方が動きやすいような気もしますが。
侵食率は既に振ってますし、実はいつ登場してもいいんですよね(笑)
GM 先に振られちゃいました。>侵食率(笑)
明彦 では、俺は外にいるか?
ふむ、上成君の死体を拾うかもしれませんし、
街を歩きつつセンパイに電話しましょう。(ピッポッパ)
明彦 では出る。
GM 場面どうぞ。
「こんにちわ、八月朔日です」
明彦 「八月朔日か。丁度連絡を取ろうと思っていた所だ。UGNに協力を依頼したくてな」
「奇遇ですね、私も「何でも屋」としてのセンパイに依頼がありました」
明彦 「ふむ…『世鏡映詩』。この名前に聞き覚えは?」
GM いきなりですねぇ。
「……これから会う、というか探す予定のFHエージェントです。
 その探索も含めて、センパイに協力をお願いするつもりでした」
明彦 「依頼人の名は明かせんが、その名前の人間を探して欲しいと依頼があった。
 だがこちらもそいつがFHエージェントかもしれんという情報はあったからな。あとは同じく、だ」
GM、支部長からはどの程度の資料を貰ってる? 現住所とか(笑)
GM いいえ、特に何も、彼女について探れ、とだけ。
顔写真すら貰ってないの?
GM 勿論。
支部長、それで探せって、アンタ鬼か(笑)
素敵だ(笑)
明彦 「守秘義務はあるが、まずはUGNの方を優先するのは確約しよう」>世鏡探し
「その依頼人の情報は欲しいところですが……とりあえず、合流しましょう」
こうなったら、センパイの方の資料を合わせて考えるしかないか。
明彦 「この仕事は信頼が第一でな。そうそう明かせん。
 欲しいのならばうちの所長のデータバンクを自力で探ってみる事だ」
なんか無茶を言ってる(笑)
冷静に、冷静に委員長(笑)
では、適当に合流した上で、お互いの細かい情報を交換しましょう。
明彦 では合流した、と。
といっても、こっちは資料0ですが(笑)
GM どの辺りで、どのように合流しましたか?
明彦 公園か駅前か。そういう辺りでいいか?
UGNは出ましたし、ん〜、例によってがないと何にも出来ないので、
駅前のネットカフェとか(笑)
明彦 では、そうしておこう。
というわけで、カフェです。
GM カフェですか。
明彦 では、コーヒーを頼み、対面に座ろう。
最寄駅の正面駅ビルにある、廃人と暇人とオタクとを程よくブレンドし、
地味に美味しいコーヒーでキーボードが茶色いネットカフェ<ハレルヤ>。
沖那 あ、あやしー! 名前が怪しすぎる!(笑)
意味はありません(笑)
沖那 電子ドラッグとかやってるって絶対!(笑)
明彦 バットを背中から取り出すロックな高校生か?(笑)
あれはボーイ(笑)
明彦 ともかく。進めるか。
とりあえず、こちらの情報としては、FHのリエゾンエージェントであるということ、
コードネームが“世界城の景色(Worst Wide)”であること、くらいですか。
明彦 シンドロームも何かはわからんのか?
聞いてなかったな、そういえば。
GM 判定ですかね。
沖那 名前からしてオルクスっぽく聞こえなくも無いが
情報は、データバンクでいいんですか?
GM うーん。 UGNには多分無いですね。UGNのサーバーから、FHにハッキングならまだしも。
は持ってないから、素振りか(笑)
GM UGNから振ってもいいですが目標値は割増で。
何故なら、実際に対面した事のあるエージェントから
情報をかき集めて予測したものになるからです。
確実性に欠けるわけですね。
予測か……でも、実はFHって壊滅しかけてるんですよねぇ。
UGN経由でFHへ、まぁ結局は素振りですが。
情報端末は生きてるのかな?
GM ええ。それもあって、情報管理が今ずさんですので。
ああ、逆に穴場、か。
リエゾンエージェントってことは、支部長じゃないですが中間管理職ですよねぇ……
FHにハッキングした場合、ですが目標は幾つくらいです?
明彦 ふむ。ならば世鏡自体を調べる方が効率が良いな。
その情報にはシンドロームも含まれているだろう?
GM 目標値は18の22です。 情報のFHか、機械操作によるハッキング技能ですかね。
機械操作(笑)
やったね(笑)
それは、機械操作で18以上出すんですか。
GM 世鏡自身について調べるのなら、さらに目標値高まりますが……。 中枢近いですからね。
明彦 何をしていたか、までは難しいわけか。ふん。
GM で、どうしますか?
明彦 ならば仕方あるまい。今は情報が欲しい時だ。
<機械の声>で+3されますから、<アドヴァイス>かけて、<トランキリティ>でダイスが+2個、
合計して<機械操作>なら6r+3@9ですな。
明彦 アドヴァイスは要らん。
要りませんか、まぁ触りですしね。
明彦 わざわざここで極端に侵食率を上げないでも良かろう。
出なかったら出なかったで、推測は立っている分があるしな。
では、《機械の声》《トランキリティ》で侵食値+4、6r+3でハッキングを試みます!
GM どうぞ〜
(ころころ……)+3 = 12
ああ、全然駄目でした。
GM あらら。 では、何もわかりませんねー。
9は二個あったんですが。
沖那 回らんとなぁ
GM 明彦君も駄目もとでやってみますか?
達成されると泣けるんですが(笑)
明彦 俺はそもそも社会がそんなに高くないからな。やれるとしたら裏社会しかないが。
まあだめもとで。
GM あー、裏社会ですか……うん、裏社会でもいいでしょう。 目標値に+1ですが。
ところで、今読み直したんですがリエゾンエージェントって、
プランナーを含めて世界に12人しかいないんですねぇ(笑)
明彦 聞きたい事は世鏡映詩のシンドローム、やっていた事、
どんな人物か、そして現在の居場所だが。
GM そこまで聞くのですか?
明彦 取り合えずはシンドロームとどんな人物かでいいな。
GM んー、なら、別判定で。
明彦 裏社会にも少しは流れているだろう。リエゾンエージェントともなれば特にな>どんな人物か
GM どんな人物かは、目標値ブラインド。
おお。
明彦 了解、まずはシンドローム。
(ころころ……)+1 = 10
人物
(ころころ……)+1 = 10
GM うーん。
どっちもかなり今一。
こればかりは、やはりクリティカルしないと駄目ですねぇ。
明彦 情報の流出は無い、か。ふむ。
GM 女性かもー。 というのはわかりました。シンドロームは、結局不明。
世界城、からオルクスかな、とは思いますけどね。あくまで予測。
明彦 では、取り合えず俺の情報を明かそう。
依頼人の名は隠すが、住んでいたという住所などだな。風貌はまだ明かさん。
GM どんな反応をしますか、遙さん?
その住所が、UGNのブラックリストに載ってる地方だったりはしませんよね(笑)
GM しませんねー。
明彦 「依頼人が言うには、この住所に住んでいたそうだ。
 実際にそうだったかはこれから調べるとしてもな」
「……正直に申し上げまして、その依頼はとことん怪しいと思うのですが?」
明彦 「だが正式な依頼だ。だからこそUGNにも協力を頼んでいるのだろう」
「現状、同姓同名の可能性もありますが。
 該当のリエゾンエージェントだとしたら、その住所にもなにかあるのかもしれませんね」
明彦 「そういう事だ。取り合えず調べるべきは住民票を移したかどうか、
 などの記録が残っているかどうか、だがな」
ん〜、とりあえずGM、その住所の地域で大規模な事故や事件がないか、
あるいはなかったか調べられない?
GM いいですよ。何で調べますか?
表向きと裏向きか……じゃあ、とりあえずでザッと(笑)
GM では、どうぞ。 振ってくださいな。
明彦 別として警察などの国家、または市などの行政機関をハックして
『そこに住んでいた住人の名前』も調べてくれ。
コネハッカーと自動巡回ソフト合わせて10r+1
(ころころ……クリティカル)+1 = 17
17です。
GM うん。 問題なくわかります。
特に気になる事件はありませんでしたね。
ああ、やっぱりなにもないんですね(笑)
GM まぁ、地域で調べたら、大抵何かの事件はあると思いますが……
ややこしくしても仕方ないので、特に目に付くものは無かったと言う事で。
明彦 それで、本当に其処に『世鏡映詩』が住んでいたかどうかだな。
では、とりあえずセンパイのご依頼のハッキングですが、<機械操作>ですか?
GM その辺りに鳴ると、ネットからでも閲覧可能そうですからね。
ネットで良いですよ。
わーい。
(ころころ……クリティカル)+1 = 27
GM ぶっ。
27です(笑)
明彦 回ったな(笑)
沖那 おおー(笑)
明彦 気合いれすぎて裏情報まで手に入れたんじゃないか?(笑)
GM 入れてますね、これは。(苦笑)
数打ちゃ当たるもんですねぇ(笑)
明彦 では、教えてくれ。
GM 一つ。 確かにその地域に、世鏡映詩なる人は住んでました。
ほうほう。
GM 父親が描樹(えがき)、母親が彩鳥(いろどり)。
えがき、いろどり、うつし……なんちゅう名前か(笑)
GM っと、少々お待ちください。 こちらで情報ミスがありました。(訂正中)
沖那 おわ(笑)
明彦 そうか。では訂正を。
きっと役所が住民票を打ち間違えたんですね(笑)
明彦 しかし、偽名でなく本当に住んでいたとはな…
これはまさか第1話のように俺だけ『ズレた』所なのか(笑)
同姓同名の別人だったりして(笑)
GM 引っ越したのは5年程前……。
で、その場所に一軒家で5年ほど住んでいた事になってます。
ふむ。
GM ただし。気になる点は……。 この住民票に、弄られたところが見受けられる点。
具体的に、どの程度までは流石に記録には残ってませんがね。
偽造の可能性があると?
GM 無いとは言い切れないかもしれませんね。(笑)
明彦 改竄後か。当たり前ではあるが。
GM 因みに年齢は、現在17歳。
きゃー(笑)
GM と、なってます。
「改竄か偽造か、ともかくデータに微妙な点が見受けられますね」
引越し先とかのデータは?
GM そう言うのって、以前居た地域に残ってますか?
明彦 住民票には一応移籍先がちゃんと記載される。
GM ですか。
まぁ、引っ越したことが無いので詳しくは知りませんが。
GM 東京都 枕辺市。
おおう(笑)
沖那 ははははは(笑)
明彦 「そしてこの街に引っ越してきたわけか。書類上は5年前に、な」
お膝元か……あ、事故にあったとかで依頼人が心配している、とかの経緯も知らされてます?
明彦 それくらいは言っておくな。つまり、入院記録も調べてみてくれ(笑)
事故記録とかでも良いがな。
では、一縷以下の望みをかけて、入院記録の中に同名の人がいないか調査です。
事故だと、どういう経緯の事故かわからないと多岐に渡りそうですし(笑)
GM どうぞ。
検索はWebのままでいいですか?
GM 良いですよー。
(ころころ……クリティカル)+1 = 18
はい、18(笑)
GM 相変わらず良いですねぇ。(汗)
明彦 流石に10個も振れば一つは回るか(笑)
この為に<社会>特化なんですから(笑)
GM さて、では。 居ました……ね。
明彦 ほう。
UGN付属病院とかいいませんよね?(笑)
GM 言いません。(笑)
明彦 それは『見つかった』の『居ました』なのか、『居たがもういない』の『居ました』なのか。
GM ただし、2ヶ月ほど前に退院してる模様ですが。
なんと……というか一般の病院に行ったのか、無用心な。
明彦 では、現住所もわかるな? あと、どんな事故かも。
GM 交通事故による骨折。 リハビリ含め2ヶ月くらい入院してたみたいですね。
流石に架空住所の気もしますが(笑)
GM わかりますよ。>住所
おおう、急展開。
明彦 架空住所にせよ何にせよ、其処に登録してあるのが重要だ。
それに『世鏡映詩』が『一人』とは限らん。
意味深な、容姿の情報を伏せたくせに(笑)
明彦 これから言うがな。
病院記録で顔写真とか載ってませんでした?
GM それは見つかりませんでしたね。
まぁ、そこまで行くとかなりプライベートですから。(笑)
ん、じゃあ、そろそろ直接行ってみますか。
明彦 そうか。では、俺が依頼人から聞いた容貌を話し。
「…さて、把握したか?」
「目尻にホクロですか、気が合いそうですね」
GM と。遙さん、この辺りで意思判定でもしてもらいましょうかね。
フラッシュバックですか!?(笑)
GM 目標値はまず7程度で。失敗すると昏倒します。ご注意を。
沖那 気絶が増えた!(笑)
GM まぁ、7くらい余裕でしょう。(笑)
流石にまだ上がってないから4なのですよね……ああ、でも昏倒してもオイしそうだ(笑)
(ころころ……) = 5
GM ぶ。
沖那 あ(笑)
ぎゃーーー!(笑)
沖那 ほんとに出さんでも(笑)
すごい、確立ですよ今の(笑)
GM 何故、わざわざここで。(苦笑)
「………ッ」(ガターン)
沖那 これで今起きているのは茂野だけか(笑)
GM まぁ、軽い脳震盪程度ですけれどね。
くらりと、一瞬の忘我の後、意識を失う。
明彦 では、ふぅ、と溜息をついて。


    ……暗い。
   暗く、寒い。



……寒い。
寒く、暗い。


    最近よく見る、あの……。 あの、状景。


張りつけにされている、、【私】


    状景と呼ぶには殺風景過ぎる、一人過ぎる自分。


一人ぼっちの、、【私】


    ああ……冷たい。


冷たい。


    なんて冷たいのだろうか?


ココロが、冷たい。


    …………。


冷たい、【私】


GM と言うわけで、少々意識消失です。
明彦 気を失っているのは一瞬か?それともしばらくか?
GM 判定無しで次回起き上がっても良いくらいですね。
起こせば起きるでしょう、程度です。
はーい、意識不明Cでーす(笑)
GM 気付け剤嗅がせる、とかですね。
顔を殴るとか。
明彦 では、溜息に続けて。
「ふん、『当たり』か」
というか、シーン切れそう(笑)
GM ええ。切りますよ。(笑)
気絶しましたし、そろそろ切りでしょう(笑)
明彦 少し待て(笑)
まぁ、気絶したのならばここにもいる意味は無い。勘定を払って抱えていくぞ。
GM ぶ。 豪快茂野。
沖那 よく人を抱えるヤツだな、ほんと(笑)
誘拐犯のようだ(笑)
GM あんまり女の子とくっつくと、彼女はやってきますよ。(苦笑)
・・・彼女が、でした。
彼女は、でもホラーでOKかと(笑)
明彦 で、聞こえないであろうが一応言っておこう。
「…見つけた結果がどんなものであれ、『今のお前』がどうなのか。
 …それを覚えておく事だな。
 さて、UGNのあの支部長に情報を貰いに行くとするか。ふん。荷物が増えたな」
と、抱えて出て行くか。
荷物扱い(笑)
GM あれ? 住所に行くのではないのですか?
バイクの荷台に積まれ……って、移動中に目覚めるととってもデンジャー!?(笑)
GM 因みに、起こさなくても数分で目覚めて良いですよー。>遙
明彦 まずは最低でも上成を回収してから行きたいからな。
え、僕はまだあそこで倒れてるんですか?(笑)
GM いやいや。(笑)
明彦 ま、普通に背負って連れて行ってやる>八月朔日
はぁっ! このまま駅前に放置していくと、私のベスパが駐禁にぃっ!(笑)
べスパも抱えていってもらいましょう(笑)
明彦 駅前駐車場くらい利用しろ(笑)
沖那 委員長としてどうかと(笑)
シクシクシク……とりあえず、シーンカット、で。
GM はいカット。
なんだか、ちょっと珍しい組み合わせ。
明彦 そうでも無いとも思うがな。
センパイは一匹ウルフですから。
明彦 俺は何でも屋でUGNはその顧客の一組織だ。
GM ちょっとマスターシーンモドキ。 と言いますか、サービス。


    「……動き出したみたいだいにゃ」
    「ひっひ……動き出したな……」
    「アタイらもそろそろ動くかいにゃ?」
    「そうだな。ひっひ……」
    「ご主人様のために」
    「とか言いつつ、自分達のために」
    「にゃにゃ」
    「ひっひ……」



GM 以上。
よかった。
GM 何が良かったです?
サービスシーンといって、冥夢のシャワーシーンでも出てきたらどうしようかと。
明彦 お前な(笑)
沖那 ぶははははは(爆笑)
そんな、上成君専用のサービスシーンはいりません(笑)
じゃあ委員長向けに、刻深さんのシャワーシーンを意味もなく(笑)
うわーい! ってまてい(笑)
GM 委員長も女の子ですか……。
明彦 まぁ、上成と八月朔日の嗜好はさておき。次のシーンに行くか。




  ←前へ
          次へ→
    夢吐きINDEXへ戻る