第二幕 I'm no you, but We know us. ―そとのないうちがわ―
After Play
←前へ 幕間ノ一へ→

      アフター・プレイ 明彦 : さて、経験点決めて終ろうか(笑) 徹  : そうだね、経験点。 遙  : さて、それじゃあアフターセッション。 GM : です。 徹  : はい。 GM : えーっと……あ、そうか。経験点は私が配るのでしたっけ。 沖那 : こら(笑) 遙  : おくれ(笑) GM : まず、皆様参加で1点。 遙  : わーい。 GM : 会場手配代も、差し上げましょう。 皆様舞台づくり、ありがとう御座いました〜。 沖那 : わーい 徹  : どうもー GM : セッション進行を助けてくれたのは……うーん。      うーん。 八月朔日さんが頑張っていたような。 沖那 : ですね 遙  : わーい! アリガトウございます! GM : それと、徹君も今回は、頑張ってましたね。 努力賞。 徹  : わーい!がんばった甲斐があった! GM : これからも頑張って下さい。>徹君 遙  : ここまでで3点、なにか成長できる! 明彦 : 今回は前回以上に俺が絡みづらかったぞ、実は(笑) 沖那 : まあ、完全サイドストーリーで(笑) 明彦 : もういっそ別のボス用意してくれた方が良かった(笑) 徹  : 別枠(笑) 遙  : 個人戦(笑) GM : 良いんですよ。明彦さんは最初っから、中心と見せかけて、      ベクトルを別方向へ向けさせる予定でしたから。  ふふふ。 遙  : ただ、その場合、こっちは傘に全滅させられますが(笑) 沖那 : まったくだ(笑) 徹  : おおゆうしゃよ、しんでしまうとはなさけない(笑) GM : そうですねぇ。 《絶縁体》を持たせようかと思ってましたし。 沖那 : 上成が(笑) 遙  : 無能に(笑) 徹  : まあアリかと(笑) GM : そうすると、装甲とあわせて、ナチュラルに40点防げます。(笑)      徹君の攻撃は。(うわ 徹  : 明彦先輩がんばって!状態に(笑) 明彦 : 範囲攻撃は出来ないんだが(笑) 遙  : 集団で来られると、完全にやられますね(笑) 遙  : さて、侵食率は、前回と相変わらず3人が0で一人が3点ですか(笑) GM : さて、良いロールプレイと他のPLを助けたかどうか。      2つ一緒に、順番に聞いていきましょう。      徹君について、まず。 徹  : はーい。 GM : 良いロールだったと思う人? 徹  : ごめんなさい、シナリオロイスとあまり関わってなくて(笑) 遙  : + 今回は主人公らしいセリフも言いましたし、最終戦は大活躍でした。 明彦 : 悩むが…+だな。 沖那 : うん、上成は頑張ってたな +で GM : 最終戦、あんなに敵が居たのは、徹君が遠因なのですけれどね!(ぇ 徹  : 僕のせいと(笑) GM : ええ。君を立たせるために! 遙  : 立ちました、大活躍(笑) 徹  : ここは感謝するところですかね(笑) GM : でも、途中含めて20体以上出てきましたよね……人形。 徹  : ありがとう!僕はここにいていいんだ!(笑) GM : と言うわけで、どうぞ。 徹  : どうもー GM : 他のPLを助けた…・・・と言う面では? 沖那 : 人形の数を減らさなければ、私は死んでたよ(笑) 明彦 : というか、全滅だな(笑) 遙  : ええ、物理的に助けられました(笑) 明彦 : 持ってけ(笑) 沖那 : 数いる敵にはほんと強いな、流石だ GM : 本当、酷い数居ましたよねぇ。 徹  : あの性能で(笑) 遙  : GMが言うな(笑) GM : 全く。誰が悪いのでしょう。 遙  : というわけで、満場一致でプレゼント。 徹  : どうもありがとうございます。 GM : 今度からは、全員ジャームでこの数出しますか! 遙  : おやめ!(笑) GM : 頑張れッ! 徹  : 全員ヴぁいたるアップ!(笑) GM : ずーぅん。 遙  : 死ねる(笑) GM : 全員クリティカル7! どかーん。 沖那 : ふざけんな(笑) 明彦 : やめんか(笑) GM : では、2点分おめでとうございます。(笑)      次、遙さん。 遙  : はい。 明彦 : 良いロールプレイ。+だ(笑) 徹  : +。他になにが(笑) 沖那 : というか、どちらも文句なしだろ(笑) 遙  : わーい、アリガトウございます! GM : 前回の感動要素が沖那さんなら、今回は遙さんでしたね。      あれ? メインじゃないはずなのに! 遙  : ただ、あんまりPLを助けた覚えが(笑) GM : ああ、あまり情報収集はありませんでしたが。 明彦 : まぁ、上成(のシナリオロイスと出番)を喰ったという点で問題はあるが(笑) 徹  : ふがいなくてごめんね!(笑) GM : まぁ、徹君はある意味…………冥夢とフラグが。(苦笑) 沖那 : おめでとう(笑) 徹  : それは言える(笑) 遙  : 予想GUYです(笑) GM : 立たないように、男の子にしたのに!? 遙  : 実は女の子説(笑) 徹  : ないない(笑) GM : さて置き。 徹  : ええと、委員長2点でいいですよね。 GM : ですね。 沖那 : うむ GM : 次、沖那さん。 明彦 : さて、堅陸か。良いロールプレイ。微妙だが、+。 GM : 私はちょっとマイナスですかねぇ。 今回は。      もうちょっと会話して欲しかったです。 沖那 : 発言数を増やす努力はしたんだがな…後半息切れした(苦笑) GM : まぁ、鬼門では在るのでしょうけれど。(苦笑)      評価はしまくりです。今後も頑張って下さい。 遙  : +です、というか認識されていたからですが、敵ボスと一対一で話してたんですねぇ。 徹  : 良いロール…ボスと会話してましたしねえ。+ GM : あはは。 沖那 : ありがとう、傘(笑) GM : 他のPLを助けたかどうか。 徹  : +(笑) 遙  : これに+入れなくてなにを入れると?(笑) 明彦 : で、助けるのは堅陸いないと全滅だろう、ここ(笑) GM : ぶっちゃけ、沖那さんがいるからこそ、こう言う無茶が出来るのですが。(苦笑)      後、徹君の集団破壊力。 沖那 : いやな仕事だ、受け役は。黙っていてもこれ貰える(笑) 徹  : 割に合ってるとはとても(笑) 明彦 : それに俺は暴走した借りが(笑) GM : そうでしたね。 徹  : それだけでなく、明彦先輩の相手もしてましたしね、中盤まで(笑) GM : 今回は明彦君が暴走しましたねぇ、誰のせいでしょう? 徹  : 方向性を見失っていたんじゃないかと…(笑) GM : 明彦君のせいですね。 明彦 : RCであんな目標値出してくるGMの所為だ(笑) 沖那 : まあ、しかたあるまい(笑) GM : 成功確率は0じゃねぇぜ。(にやり。 遙  : まぁ、最後はそのセンパイです。 GM : ですね。 徹  : では沖那先輩は2点と。 沖那 : ありがとう GM : 除け者明彦君。 徹  : これはGMの陰謀で、悩む(笑) 明彦 : 今回は本当に関りづらかった(笑) GM : 実は一番主軸だったはずの明彦君。 遙  : 最後の乱入とか凄い悩むんですが、他に動きようがなかったとも(笑) 明彦 : あれはああしないと本当に登場できなかったからな(笑) 沖那 : ん〜悩むなぁ…これ(笑) GM : あの町は色々入り組んでましたから……      別視点から見るためにも、明彦君は必要だったのですよね。 遙  : えーと、幼少期の記憶との対話という、正直謎な現象を演じきった点で+(笑) 徹  : 序盤の導入はしっかり入ってましたし、あとは出目と陰謀なので、+(笑) 沖那 : ん〜でも、何だかんだで幻覚と話してたのと、あと     へんたいだー! 沖那 : で+(笑) GM : あははははははは!! 明彦 : それはお前等の誤解だろうがー!(笑) 沖那 : いいか、茂野……誤解は、時として真実になるんだ(笑) 遙  : まさしく陰謀だ(笑) 徹  : へんたいが?(笑) GM : 他のPLを助け……助けた? 明彦 : ボス削りという点では一番貢献してるが(笑) 徹  : すみません、クライマックス以外会ってません(笑) 明彦 : 助ける以前の問題で関らせてくれなかったが、GMが(笑) GM : ぷ、プレイヤーですから! 遙  : 会えなかったのはGMの演出です(笑) GM : か、からからからからからからからから!! 徹  : こ、壊れた(笑) 遙  : 傘が壊れた(笑) 徹  : 傘に+(笑) 遙  : ああ、なるほど(笑) GM : なんですかそれ!(苦笑) 徹  : 面白い奴だったね、ギミックが(笑) GM : ギミミックですからねぇ。 遙  : 死んでしまったのが残念なくらい(笑) 沖那 : 残念だ… GM : そこは、ストーリーテラーに言ってあげて下さい。 徹  : きっと半分メカ化して再登場(笑) 遙  : 破片から再生怪人として復活しないかな(笑) 明彦 : 取り合えず傘に放った一撃の達成値はアレだったが(笑) GM : あれ酷かったですね。 遙  : ええ、相変わらずの出目でした(笑) GM : 毎回100近く行く達成値、どうにかなりませんか?(笑) 明彦 : 今回はダイス変えたのに100行ったな(笑) 徹  : 残念ながら助けられたは*とさせていただきます…すみません。 遙  : まぁ、正直攻撃の要ですしね、いなけりゃ敵が倒せません(笑)+ 沖那 : とりあえず、私をここに連れてきたのは茂野だからな、+で GM : PLとしてなので、外部からの意見でも良いですよ。      助言と言いますか。 明彦 : 今回は口出ししてないんだよ、あまり(笑) 徹  : 助言も、特には(笑) 遙  : 今回、そんなにヒラメキしてませんよね(笑) 徹  : 五里霧中だった(笑) GM : まぁ、でも前回ほどはありませんでしたね。 明彦 : 口出ししないで何処までいけるか見たくてな(笑) GM : とりあえず、一応。 どうぞ。 GM : それでは皆様。 貰った点数総合。      また明彦君しか経験点が無い!?      侵食率ー! 徹  : 0!(笑) 遙  : 0!(笑) 沖那 : 0!(笑) 明彦 : 3(笑) 遙  : お、おのれー! GM : くっ……。 沖那 : けっ、生還者が(笑) 徹  : 理不尽を感じる(笑) 遙  : えーと、合計5点、かな? 明彦 : 合計7点。多いな今回(笑) GM : 明彦はもっと苛めないといけないみたいだな。 徹  : 割を食うのは他の人な気が(笑) GM : 次回は190%まで持っていってやる。覚悟しやがれ! 明彦 : 持って行きすぎだ(笑)>190 遙  : それ、帰ってこれるの?(笑) 徹  : 帰ってきた人知ってますよ(笑) GM : 何ちゃって、うっかり徹君辺りがそのとき200%突破とか。(笑) 徹  : 沖那先輩がうっかりロイスが尽きるとか(笑) GM : ロイス7つにしておいて良かったです。 明彦 : モブ敵どれだけいるんだ!(笑) 遙  : 戦国無双の如く(笑) GM : さておき。 遙  : しかし、5点か……あ、GMGM! GM : はいはい? 徹  : 固定化? 遙  : 娑羅樹のロイスを固定化する!(笑) GM : ぶ。 沖那 : おお(笑) 徹  : だね(笑) GM : おぅ!? ええ? 意外です。 徹  : いや、普通では?(笑) GM : あー、そうそう、娑羅樹は意外でした。 遙  : 意外? GM : もう、2名とも殺す予定でしたから。 沖那 : あ〜だろうな 遙  : こらー!(笑) GM : ぶっちゃけ、最初出た瞬間から、娑羅樹は死ぬために作られたキャラクターですから。 徹  : だね(笑) GM : 嫌悪感を振りまく、哀れな子。      何処まで愛せるのか見物でしたが、結果は素敵でしたね。 遙  : くくく、私の前に「哀れな子」を出したのが敗因よ(笑) 徹  : その結果がロイス4個…(笑) GM : 仕方がないので、今度また別に死ぬためのキャラクターを出します。 徹  : え、傘が惜しかったんですが(笑) 遙  : ああ、それは確かに!(笑) GM : まぁ、それは良いとして。      首輪に突っ込みが入らなかった時点で、「ああ、死ぬなぁ」と思ってたのですが。 いやはや。      皆様の執念は素晴らしかったです。 遙  : お陰で、タイタスを使いまくりました(笑) 徹  : ジャーム化の危機が(笑) GM : 傘も、死ぬためのキャラクターですね。      純粋に、皆様が殺したくなるようなキャラクターを作ろうとしていたのですが。      案外恨まれなかったと言うか。 徹  : 助けられなかったかなあ、せめてあのカサだけでも(笑) 遙  : カサ、欲しいな(笑) 徹  : そうだ、沖那先輩が使えばいいんだ!(笑) 沖那 : ふむ、じゃあカサ一本貰ってくか(笑) 徹  : 「円転自在」と言いつつ(笑) GM : 操作方法がわからないかと。(笑) 遙  : カサで受け(笑) 沖那 : いや、普通のカサは無いのか(笑) GM : ちなみに。      娑羅樹の頭が首輪で吹き飛ばなかったのは、後に傘の頭が吹き飛ぶ予定だったからです。 遙  : 暗喩か。 GM : 吹き飛ばしておけば、救う余地は無かったんですけれどね。      一種の情けだと思って置いて下さいな。 GMからの。 徹  : 最後でGM裁量が甘くなったよね(笑) 遙  : アリガトウ! GM : まぁ、普段からあまあまですけれどね、私。(笑) GM : あ、最後に。 遙  : はい? GM : 成長は次回で良いので、経験点を明記していって下さいな。 徹  : 5点です。 遙  : 1点固定化に使うから、残り4点。 明彦 : 7点。 沖那 : え〜っと、4点だな 徹  : あ、前回の残りいれて6点。 沖那 : 前の残りいれると5点 GM : はい。みなさん、お疲れ様でした。


  ←前へ           幕間ノ一へ→
    夢吐きINDEXへ戻る