第二幕 I'm no you, but We know us. ―そとのないうちがわ―
Climax Phase 5
←前へ 次へ→

  GM : さてと、皆様色々思うところ感じるところは在ると思いますが。(ぇ? 徹  : 振ろうか(笑) GM : 自律判定のお時間です。 徹  : 侵食139、ロイス6個。期待値で戻ってこれませーん!(笑) 沖那 : さて、流石に二倍振りだな(苦笑) 明彦 : 俺はまだロイスが一枠残ってる!堅陸に取るか。誠意/憐憫で。 GM : 憐憫ですか。 遙  : なぜ憐憫?(笑) 徹  : というか、まだ取ってなかったんだ?(笑) 遙  : まだ枠に余裕があったことに驚きです(笑) 明彦 : ああ、というか地味にロイス5個残ってるぞ!(笑) 沖那 : 生還者め(笑) 遙  : 生還者め! 徹  : ちえー(笑) 遙  : こっちは高確率でジャーム化の瀬戸際なのに(笑) 明彦 : 生還者入れて8個で36%。いけそうだ(笑) 徹  : 生還者はどうでもいいとして、沖那先輩と委員長は大丈夫ですか? 遙  : 二倍しないと、さすがに。 沖那 : 二倍振りならなんとか、な 徹  : ではPC1から振ります! GM : はい、どうぞ! 徹  : 二倍ふり!      (ころころ……)-139 = -69 GM : ぶ。問題なく復帰ですね、おめでとうございます。      いえ、2倍振りは問題かもしれませんが。(苦笑) 徹  : まあ、賭ける気にはなれない(笑) 明彦 : PC番号順で行くか? GM : はい。 遙  : 侵食率134、4個を2倍で8個! GM : (どきどき) 遙  : (ころころ……)-134 = -95      ふぅうううううううう!! GM : おー、良かったです。(笑) 徹  : おかえりー! GM : おめでとうございます。 遙  : 怖かった! 怖かった! GM : 次、沖那さん! 何気なく功労賞! 遙  : というか、先輩がいなかったら死んでました(笑) 沖那 : ロイス5個の二倍振り、140で      (ころころ……)-140 = -95      あっぶね 遙  : おおお! GM : きわどいですねぇ。 徹  : お、おかえりー!(笑) GM : お帰りなさいませ。      おめでとうございます〜。 明彦 : で、俺か。      (ころころ……)-136 = 83 GM : と、復帰ですか。 徹  : おかえりー GM : おめっと。(投げ槍) 遙  : なんの気負いも無しに復帰〜! 明彦 : 問題なし。侵食率の経験点3点!(笑) 沖那 : 流石にダイス目高いな(笑) 徹  : そういう問題(笑) GM : うーん。明彦君はもっと殺しておくべきでしたね!      次回から頑張ります! 遙  : まぁ、主戦力ですからねぇ、成長してもらわないといけませんし(苦笑) 徹  : 離脱でメジャー使ったからね! GM : 5回くらいもう、殺しますよ! 10回くらい殺しますよ!! 徹  : 殺しすぎ(笑) 明彦 : タイタスで復活できない量殺すな(笑) 沖那 : というか、それ、その分死ぬの私だ(笑) GM : うっかり階段で転ばせて殺しますよ! 遙  : さて、こうして全員無事に帰って来れました、おめでとうございます! 徹  : てか、考えてみたら明彦先輩だけが衝動判定してるってのもひどいですね(笑) GM : 実は、語り部が出た時点で衝動判定予定でした。 徹  : が GM : が、流石にきつかったので。 遙  : されてたら帰って来れません(汗) 徹  : そんなことをしたら帰って来れないのが何名か(笑) 明彦 : まぁ、特に堅陸とかがなぁ(笑) 遙  : あ、でもその時、私は気絶中だ(笑) 徹  : ああ、それあり?(笑) GM : まぁ、今回は掛け値無しに語り部と戦闘したら……           「ジャーム化しちゃうわ、ね」 GM : な、状態でしたね! 徹  : そうだね!


  ←前へ           次へ→
    夢吐きINDEXへ戻る