第二幕 I'm no you, but We know us. ―そとのないうちがわ―
Climax Phase 3
←前へ 次へ→

  GM : さて、では戦闘を開始しましょう。      去苦「キミたちも、イラナイみたいだし……それじゃ、始めよう」 遙  : GM、私の治療の処理も戦闘中に行うの? GM : ええ。2ターン内に救えれば、生きている事にしましょう。 遙  : ちぃ、アドヴァイス掛けてたら時間が掛かるな! 沖那 : 2ターンでか… 徹  : 援護は期待できませんね。 遙  : ゴメン、今回はこの子を救うのに全力を尽くす。 沖那 : しかし、となると、実質二人で敵を削らねばな GM : では、エンゲージ。皆様同じ場所に居ますか? 徹  : ええと、敵の配置によります>同じ場所      傘まで同じエンゲージなら離脱させてもらいたい(笑) GM : 皆様の位置から傘まで、10メートルほど。 徹  : では同じエンゲージで結構です。 GM : 人形は全部で15体。 徹  : ぶほ!(笑) 明彦 : 最初から飛ばせ、上成(笑) 遙  : 上成君、貴方だけが頼りよ(笑) 徹  : 僕より早いのが混じってるんですよ!(笑) GM : 傘と3体エンゲージ。      3体セットで4箇所に分かれてます。 沖那 : ほんきでまずいって!(笑) 徹  : とほほ(笑) GM : 皆様に近いところは3メートル。      遠いところは8メートルくらいですかね。 左右対称で。 徹  : はい、把握しました。 遙  : ロイスは全部で7個……3個くらい使う勢いで行かないとまずいな。 明彦 : 俺は今回出し惜しみしてる場合では無いな(苦笑) GM : さて……セットアップ。 皆様なさる事はありますか? 明彦 : 無い。 徹  : 残念ながら、ない(笑) 遙  : 無しです。 沖那 : 侵食率がたらん(笑) GM : では、ヴァイタルアップしておきましょう。 遙  : ヴァイタル持ってんですか、細いくせに(笑) GM : 傘が、 持っている傘を開く。      その裏には、無数の機械が見える。      去苦「じゃ、始めようか」 明彦 : 「扇の話では奴のシンドロームはモルフェウス/ブラックドックだそうだ。頭に入れておけ」 徹  : 受けっぽいね(笑) 沖那 : あ!しまったー!先に手袋作っておくの忘れたー!(泣) 徹  : イニシはどうなってるんでしょうか。 遙  : 射撃タイプの人形が居れば、そっちの方が早いですが。 GM : まずはイニシアティブ23の射撃人形。 傘の16、徹君の13、明彦君と接近人形7、その他6 沖那 : 速いなぁ…(遠い目) 徹  : 傘まで!?(笑) GM : 射撃キャラですもの。 沖那 : ああ〜ほんとなんで俺は手袋作り損ねたんだー!(泣) 遙  : すみません、先輩、ガード頼みます。 沖那 : うむ、今日も今日とて肉の盾だ(笑) GM : えーっと。便宜的に、傘とエンゲージしているのがA,B,C      DEF GHI  が、射撃。 JKL MNO が、白兵。 徹  : とりあえず一言。今日は死ぬにはいい日だ(笑) 沖那 : ベトナム兵は死ぬつもりなくその言葉を言っているがな(笑) 遙  : 絶対に死なないという覚悟の宣誓! GM : AとBが白兵、Cは射撃で。 徹  : いやあ、射撃が7匹って(笑) 遙  : 死ーぬー(笑) GM : CとDとEとGとHが、それぞれ皆様1名ずつに射撃行きます。 沖那 : え〜っと、100超えてるのは?(笑) 徹  : まだー>95 遙  : はーい。<102 明彦 : 俺もだ。 徹  : あれ、一匹多くない?(笑) GM : ん? 数珠川さん。>もう1匹 沖那 : 八月朔日と茂野と、ああ、その分もか 遙  : 数珠川さんが狙われている!? 沖那 : ということは、私が4発貰うわけだな(苦笑) 徹  : ひどい話があったもんだ(笑) GM : (ころころ……×5)+11 = 23、28、20、23、26      あれ? クリティカルしまくりです。(汗) 遙  : クリティカルしなくても+11って結構脅威ですけどね(笑) 沖那 : ホント、何で俺は手袋を(血涙) 明彦 : 取り合えずどれが誰だ(笑) GM : 順に、徹、遙、沖那、明彦、称で。 沖那 : まあ、まずは素でかわしてみるか?(笑) 徹  : そうだね!(笑) 沖那 : ダメならカバーするから 徹  : そうだね!(笑)      (ころころ……)+1 = 9 沖那 : ダメだな(笑) 徹  : だめ!いらない!(笑) 明彦 : (ころころ……クリティカル)+1 = 19      ち、惜しい。 沖那 : (ころころ……クリティカル)+2 = 18      おしい(笑) 遙  : (ころころ……クリティカル)+1 = 20      うああ、頑張ったのにー! 沖那 : なんか、ちょっとづつ足りないね(笑) GM : 因みに、数珠川さんは意識を失っているので回避無しです。      HPは10としておきましょう。 徹  : 沖那先輩がんばって!(笑) 沖那 : じゃあ、4発受けるよ、上成は素直に食らっててくれ(涙) GM : では、順にダメージ。      (ころころ……×5)+5 = 12、19、26、22、21 徹  : 低いけど死亡ー(笑) 沖那 : ああ〜手袋あれば〜(血涙) 徹  : (ころころ……)+95 = 96      ああ、まだ生きてる(笑) GM : わぉ。 遙  : お! GM : カバーに回りなさい。(笑) 徹  : いやだ!(笑) GM : えー!? 徹  : 僕がカバーしたら攻撃はどうなる!(笑) 沖那 : しゃあない、とりあえずくらって4回リザレクト GM : 装甲は有効です。 沖那 : (ころころ……×4) = 6、1、5、1 遙  : おお! 概ね低い! GM : 侵食率大丈夫ですか? 沖那 : ぴったし100! GM : わぉ。 遙  : 素晴らしい! 沖那 : リザレクトでしのぎきった! 徹  : うわあ(笑) 遙  : 格好いいよ先輩! GM : では、第一波回避。 徹  : そして傘か…(笑) 沖那 : 死ねるな(笑) 徹  : 沖那先輩、死んでください(笑) 明彦 : ったく。敵が多すぎる(笑) GM : マイナーで、ロックオンサイト。      開いた傘をこちらへ向ける……。 徹  : どんな面白ギミックが?(笑)     ひぅんひぅんひぅんひぅんひぅんひぅんひぅん! GM : 周囲へ、小さな傘が大量に浮遊する! 明彦 : ファンネルも出たぞ、おい(笑) 遙  : ああ、そんな場合じゃないけど、あのカサいいなぁ(笑) 沖那 : た、たしかに(笑) 徹  : ドシャブリシカケだし(笑) 沖那 : くっそぅ、いいセンスだなぁ GM 去苦「――傘梅雨――」      対象は、シーン全体。 遙  : ぎゃー! 徹  : ギガっ!?(笑) GM : なので、先ほどの5名。 明彦 : まずは回避判定でふろうか(笑) 徹  : あ、いえ、時の棺! 沖那 : ふむ、ここでいくか? 徹  : べきかと。4人死ぬし(笑) 沖那 : まあ、確かに魔眼は範囲にしかきかないからな、シーンには無力だ(苦笑) 遙  : リザレクトも出来ないですし。 GM : ダイスは……ああ、何だ。たったの22個ですか。 沖那 : ふざけんな(笑) 遙  : なんか言ってますよ(笑) 徹  : 死刑宣告ですね(笑) GM : あー、魔眼つかえて良いですよ? 沖那 : お?いいの?じゃあ、魔眼っとくか GM : では行きます。      (ころころ……クリティカル)+7 = 33 沖那 : 低いな(笑) GM : うんうん。 良心的。 遙  : 意外と低かったですね(笑) 明彦 : 回避のクリティカル下がるエフェクト持ってりゃ何とかなるっちゃなるんだが(笑) GM : ぱたん、と閉じて――……雨のように槍のように降り注ぐ、大量の傘!! 徹  : 傘の雨がー!?(笑)     ぎぅぅん!! 沖那 : とりあえず魔眼 GM : では、《孤独の魔眼》ですね。 沖那 : さて、受けしてもいいんだが…今HP1しかないんで、無理だ(笑)      タイタスだよ、素直に(笑) GM : しかしそれらは、束ねるように一ヶ所へ!      ダメージ行きます。 沖那 : かもん GM : (ころころ……)+20 = 45      まずまず。 沖那 : くっ、真面目に受けても体力満タンでしのぎきれるかどうかってレベルか! 遙  : まぁ、どんなダメージでも死ねるんですが(笑) 徹  : 受け無意味(笑) GM : まぁ、出目次第では受けられるでしょう。まだ。      装甲は無視ですね。 沖那 : 「くくっ…」      血まみれに笑いながら、傘をタイタスにして、使用      「あんな無粋な真似をされたんだ、そのまま幕引きされても観客は満足しないものでね…」 GM 去苦「ふぅん……」      では、徹君どうぞ。 沖那 : 次、上成、なんとかしとめて来い! 明彦 : 傘は無理でも雑魚共全部蹴散らせ。 遙  : 数を減らして!(笑) 徹  : いきまーす! まず、マイナーで破邪の瞳!      メジャーで、雷の槍+MAXボルテージ+ピンポイントレーザー+スターダストレイン。 GM : ダイスどうぞ。 徹  : これで侵食114、さて…タイタスも行こうか(笑) 遙  : お、本気だ。 GM : おやおや? 沖那 : まあ、確かに使わんとなぁ(苦笑) 徹  : 数珠川さん、貴方の無念はここで討つ! 沖那 : まだ死んでないぞ!(笑) 遙  : せっかく庇ってるんですし(笑) 徹  : ダイス+10で18D! GM : どうぞ〜 徹  : 「サンダーウィイイップ!」      (ころころ……クリティカル)+4 = 48     がらがらがしゃんっっ!! GM : 無数の雷が部屋の中を覆う! 沖那 : うし、まあまあいったな 遙  : それなりに行った。 徹  : とはいえ…半分は庇われるんでしょうけどね。 GM : ええ。 遙  : これだけの人数がいて、それぞれに庇われると結構ウザイですね(苦笑) GM : 未行動のAが傘を、BがCを。 FがDを、IがGを、LがJを、 OがMを庇います。 徹  : そうか…射撃が二回少なかったからな。 沖那 : なんつーか、傘落とさないとダメだな GM : 先に、AB JOの回避。      (ころころ……×4)+10 = 25、24、19、26      回避者居らず。 遙  : 怖い怖い、何でデフォでクリティカルしているやら(笑) GM : KとNも動いてないので、回避。      (ころころ……×2)+10 = 29、39 徹  : あぶなー(笑) 遙  : あぶな! 沖那 : こわっ… GM : 射撃人形回避。      (ころころ……×2)+10 = 17、16      ち。 徹  : (ころころ……)+10 = 46      46点装甲無視です。 GM : 全員大破。砕かれた人形からの煙が周囲を埋めます。 遙  : 素晴らしい。 明彦 : 残ってる人形は何体だ? GM : それぞれのエンゲージに1名ずつ生き残り。 徹  : 残りは…6体。 GM : 傘のところにはCが残ってます。 ただし今回行動済み。      では、PCの明彦君です。 行動どうぞ。 明彦 : で、俺と人形の同時、か…行動を遅らせるべきかどうか、だな。 徹  : 傘殴るべきかと(笑) GM : 特にペナルティはありませんが、傘までは10メートル。 徹  : 行動遅らせると、殺到されますね。 遙  : 庇われたとしても、一体減る。 明彦 : マイナーで完全獣化するから、移動ができん。 徹  : 完全獣化は…なしで!(笑) 明彦 : しょうがない、分散させよう。完全獣化。傘までメジャーで移動。傘とエンゲージ。 GM : 了解です。 明彦 : これで109%か。 GM : では、接近戦人形の行動。 一気に減らされて、残り2体。 徹  : あ、人形行動できるのは…2体か。 遙  : この2体がどう動くか。 GM : マイナーで、人が密集しているところへ移動。 徹  : どうもー(笑) 遙  : くんなー! 明彦 : 一体くらい来ないのかこっちに(笑) 徹  : しまった、撃破できない(笑) GM : そうですねぇ。 遙さんと、数珠川さんでも殴りますか。 遙  : なぜこっち!? 徹  : 本当になぜ(笑) 遙  : 私は治療に専念したいのにー!(泣) 沖那 : しゃあない、また肉の盾だ(笑) 徹  : すみません沖那先輩(笑) 明彦 : すまんな(笑) 遙  : アリガトウございます! GM : 命中判定来ますよ。 沖那 : うい GM : (ころころ……×2)+11 = 20、19      あらら。 遙  : 意外と低い? GM : 上から、遙、称。 沖那 : 頑張れば…ってレベルだな 徹  : さっき20出したしね。 明彦 : 一応回避は試みとけ(笑) GM : カバーリングですか? カバーするなら、回避は無しです。 徹  : 数珠川さんはカバーで(笑) 沖那 : いや、遙のほうね GM : ふむふむ。 遙  : (ころころ……)+1 = 10      だめー。 沖那 : ダメか(笑)      ん〜手袋ない状態で受けてもなぁ… GM : ダメージ、先に出しておきますか? 沖那 : ああ、頼む GM : (ころころ……×2)+10 = 37、22 沖那 : ・・・いじめか?(笑) 徹  : 死んだ(笑) 明彦 : なんだ、その出目は(笑) GM : 9ゾロって、酷いですね。 遙  : なんですか、あの出目(笑) 沖那 : ダメだ、どうあがいても一回は死ぬ 徹  : 仕方ない、委員長と沖那先輩一発ずつ我慢で(笑) GM : 明彦ダイス目! 遙  : センパイのダイスはこれだから(笑) 明彦 : ドラマチックと言って(笑) 沖那 : ん〜どうする?委員長 遙  : はっはっは、上が私でしたっけ? GM : ですよ。因みに、これは装甲有効です。 沖那 : 2発めだけなら死なないんだ 遙  : じゃあ、タイタスを使いましょう、下ならまだ可能性があるでしょう? 沖那 : ああ GM : 腕が、振り下ろされる。      遙さんを、貫く!    ずんっ! 徹  : 「委員長!」 遙  : 「く、は……」 GM : 飛び散る血が、緩やかに燃える娑羅樹の体で……蒸発する。 遙  : えーと、初期3、PC間1、シナリオ1、娑羅樹だから……      よし、ここは最後のロイスで傘に、同情/憤懣、ネガが表で即タイタス、復活!      「思い通りに、させる、もんですか!」 徹  : 歯を食いしばってる! 沖那 : ん〜どうしよっか、障壁の方がましか、 え〜っと、とりあえずこっちは、斥力障壁      (ころころ……)+4 = 8      8だな 徹  : 14点…生きてますか? 沖那 : まあ、これでこっちは侵食114 HP6だ GM : さて……では、 徹  : では沖那先輩、手袋撫でましょうか(笑) GM : 沖那さんは……既にカバーで行動済みですか?      それとも、今までのは全部エフェクトでした? 沖那 : うん、おかげでタイタスやらだけなのに地味に上がった GM : はい。 沖那 : つーわけで、いい加減に手袋製作だ、ああ、防具が欲しい(涙 GM : メジャーで何か動きますか?      演出などがあれば、どうぞ。 徹  : 殴る?走る? 沖那 : 殴っても意味ないし、私がここを離れるわけにもいかんのだ(苦笑) 徹  : では、委員長ですね。 GM : 行動終了なら、次は遙さんです。 沖那 : ああ、じゃあ、曲かけときます。      とりあえず、それは毎度のことにしとくんで、ちょっとごめんね(笑) GM : そうですね。ちょっと待って下さいね。>遙さん     『nowhere』   魂の話を聞かせてよ   瞳を逸らさず見つめてよ   貴方は私が何処にもいないと思っている   見えない場所まで走るなら   いらない飾りは振り捨てて   心を剥き出しにしても荷物は重すぎるの   吹けば飛ぶよな夢だけが   二人を結んでいる   全てを見せる星の導きに背いて   まっすぐに駆け上がる   空にある扉へ   何処までも私は行くの 沖那 : 今回は、かのマドラックスより、ヤンマーニで(笑)      「さて、後ろは守る。後は、何とかしてくれよ」 明彦 : 「敵を打ち倒すのは剣の仕事だ」 遙  : 「守り、鼓舞し、癒すのが《慈悲》の勤め!」      GM、意思判定で触れるのは一行動? それとも、判定の後に行動できる? 徹  : 触れて、抗体送り込むので1行動? GM : では……まず、《癒しの水》判定で、目標値25以上を出してください。      侵食率による達成値低下は認めます。      これで、対抗薬が作れます。 沖那 : おお! 遙  : 癒しの水、RCなのよね……(汗) 徹  : 僕のを貸すよ、心なし!(笑)>RC GM : 次のターンで、触る事ができれば、助けられます。 沖那 : あ〜特権階級が欲しい(苦笑) 徹  : そんなことを言ってられる立場ですか(笑)>沖那先輩 沖那 : 私は戦闘しないからそこまで侵食自体は上がらないんだよ(笑) GM : ただし、燃えているので何もしなくても5点ダメージ。 その他は普段触れるのと同じです。 遙  : く、厳しい、せめてもう1ターンあればアドヴァイスが掛けられたのに! GM : そして、2ターンを超えると辛いです。      おそらく、もう命を助けるのは難しいでしょう。      ミスは許されない状況です。 遙  : ……解りました、覚悟決めた!      タイタスを二つ昇華! クリティカル値を−2します! 徹  : あ、そうか。RCだから下がらないのか…(笑) GM : どなたのタイタスを、ですか? 遙  : 一つは数珠川さんとして……PC間ロイス、誰と結びましたっけ? GM : 今回は、沖那さん。 徹  : うむ。 遙  : 先輩、背後を守ってくださる先輩の意思、確かに引き継ぎました!(笑) 沖那 : ああ、頑張れ、八月朔日 徹  : がんばれ委員長。 明彦 : 底意地を見せるんだな。 遙  : と、いうわけで、ボーナスが+4、精神4、RC1、8r+1@8! 沖那 : これで25か…微妙なラインだな・・・いや、目標は下がってるか GM : 遙さん、侵食率は今いくつ? 遙  : 102、のはず? GM : うーん。難しいですね。(苦笑) 沖那 : 目標は22か〜 GM : 111まで上がれば、ボーナスがまたつくのですが。 徹  : +10、マイナス1の方がいいかも。 沖那 : となると、最低2回は回らないとダメ 遙  : く、どうしよう、もう一個くらいタイタスにすべき?(笑) 徹  : いや意思判定も残ってるんですよ?(笑) 遙  : 102で、癒しの水は+1だから、最悪そのあとに何もしなければ。 明彦 : ジェネシフトで侵食上げておけ。 GM : その手がありましたね。 ジェネシフトどうぞ。 徹  : それも危険(笑)>ジェネ GM : 最高能力の値まで、ダイスを振れます。(数は任意 遙  : ああ、なるほど、その手があったか! GM : 出た目の数だけ、侵食率を伸ばせますよ。 遙  : 最高は6だから、6d10まで? 徹  : うむ。 沖那 : まあ、そこまで上げる必要もあるまい GM : それより少なくても良いですよ。 明彦 : 3dも振れば充分だろう。 遙  : 全部行ったら、死ねるんですが……ここは、3dにしておきます。      (ころころ……) 102+[7,4,6] = 119      く。 沖那 : また…びっみょうに…(苦笑) GM : さすが茂野ダイス。 遙  : 大丈夫、いけます……これで9r+1@8! GM : では、判定どうぞ。 沖那 : 目標は21か 遙  : 目標は21だから、期待値でいけるはず! 徹  : 行け! 遙  : (ころころ……クリティカル)+1 = 26 沖那 : おっしゃ! 遙  : やったーーーーーー!!!!! 徹  : おおー! GM : おめでとうございます。 沖那 : まずは一つ突破、だな 徹  : 委員長の心を削った薬が(笑) 遙  : 次がまた試練ですが(汗) GM : 遙さんは瞬時に状況を看破し、対抗薬を精製しました。 沖那 : さっすがノイマン! GM : ノイマン無いですけれどね。(苦笑) 沖那 : あれ? ああ、そっか、アドヴァイスはあれか、複製だったな(笑) 遙  : 複製体です。つまり、オリジナルはノイマン?(笑) 徹  : ノイマンだったらこんな苦労してないね(笑) 沖那 : だな(笑) 遙  : ともあれ、これ以上タイタスは消費できない……万が一の時達成値をプラスするために。 GM : ああ、ちなみに、触れる前に自分へアドバイスするのは、同時に行えても良いですよ。 遙  : こ、このうえ侵食率を9上げろと?(汗) GM : なさるのなら、ですが。 徹  : 死ね発言(笑) 遙  : タイタスで達成値を上げるのと、ドッチが効率イイだろう? GM : どちらが良いかは微妙なところですけれど。(苦笑) 沖那 : あんま高いとダメージくるかもだが 遙  : 問題は治療に成功したとして、反動で死ぬんじゃないかという恐怖(笑) 明彦 : いや、実は明彦も残りHP4なんだが(笑)      首輪を爪で切り飛ばした時、演出で流れたんでそのダメージで10喰らった(笑) 徹  : 仇は討つから(笑) 遙  : タイタスで復活したから、HPは全快の10……      ただ、15をどの程度オーバーするとダメージが10を越えるか(笑) 明彦 : 打ち込んだ瞬間昏倒?(笑) 遙  : ある意味、美しい(笑) 徹  : で、あとは敵がどれだけ残ってるんでしたっけ。 遙  : 接近タイプは2体。 徹  : たしか射撃型が4体だか残ってるんですよ。 遙  : 傘もいるから……全員無傷というのも(笑) 明彦 : 上成が頑張ってくれればモブは壊滅するかもな、つまり傘のトドメは明彦が刺せ、と(笑) 徹  : 明彦先輩に他に何が?(笑) 明彦 : たまには頑張って自分がトドメ刺そうと思わんのか、後輩(笑) 遙  : ああ、そういえば重要な問題を思い出しました。 GM : ? 遙  : Dロイスの頃から書き換えるの忘れてて、私、初期ロイス2つしかとってなかった(笑) GM : (笑) 遙  : 現在、支部長姉弟と、空白のロイスが!(笑) 徹  : よし、傘に結ぼう!(笑) 沖那 : タイタス用か?(笑) 遙  : もう結んで、タイタスにした(笑)      上成君に結んでおこうか、タイタス用に(笑) 徹  : タイタス用なんだね(笑) 沖那 : おい(笑) 遙  : でも、今回に限れば沙羅樹をタイタスにする気はさらさらないので。      なにか適当なのに結ばないと。 明彦 : というか、だ。娑羅樹は元々上成のシナリオロイスなんだが(笑) 徹  : うん、僕も常々(笑)>シナリオロイス GM : なのですよ。(苦笑) 遙  : おかしいな?(笑) 明彦 : 八月朔日のシナリオロイスは称だろうが(笑) 遙  : ああ、数珠川さん、すでにタイタス(笑)      PC間ロイスの堅陸先輩もタイタスだし、よく考えると凄い崖っぷち(笑) GM : よく考えなくてもがけっプチです。 遙  : それでも、あと1つは使う覚悟で居ないと。 徹  : もう僕でいいから結んでおきなさい(笑) 遙  : じゃあ、上成君に先の通り慕情と憐憫で(笑) 徹  : まだ憐憫なんだ!(笑)


  ←前へ           次へ→
    夢吐きINDEXへ戻る