第一幕
Lullaby. La,La,Bye. ―まどろみをうたおう―

Middle Phase 7
←前へ 次へ→



   シーンプレイヤー:堅陸沖那

次のシーンは?
GM遙さんのシーン……と、行きたいところなのですけれど、
間に沖那さんを挟んだ方が、沖那さんが動きやすいかな、と思いました。
なので、沖那さんです。
なるほど。
追跡中、沖那先輩が合流するシーンですかね。
明彦…合流できんのか?
沖那さて(笑)
たしか委員長が連絡していた、はず!
明彦堅陸は通信機持ってねぇぞ(笑)
どこに行ったのかも解らない……探知機壊れたし(笑)
沖那ははは(笑)
GMとりあえず、前のシーンが終わり、部屋から出てきた辺りからが良いですかね。
沖那うむ、何をしようか(笑)
迂闊に動くわけにもいかないしな、そもそも成功例とか言われた身だし
明彦ま、侵食率振っておけ。
GMお願いします。
沖那うい
(ころころ……) 56+[1] = 57
うし(笑)
おお、いい感じ。
明彦出目良いなおい!?(笑)
沖那見ろ茂野、羨ましかろう(笑)
明彦出目交換しやがれ(笑)
沖那くくっ、断る(笑)
茂野センパイは、次10ですもんねぇ(笑)
予言が(笑)
GMはは。


沖那さて、どうしたものやら
GM「おかえり〜」
とりあえずお部屋のドアを開けてくれた契です。
「あれ? なんかちがうかしらー?」
ん? と首を傾げて。
沖那「ああ、手間をかけたな。感謝するよ」
GM「いえいえー」
沖那「まあ、大体得た力がどんなものかがわかった、といったところだよ」
GM「はーはー。そいつは良かったわねー」
にやつきながら応答して……思いついたように言います。
「沖那ちゃん……だったっけー? これから、どうするのー?」
沖那「そうだな…私が狙われる可能性もあるような話だったからな、大人しくしてようかと思っていたが」
沖那先輩のシーン終了ですか?(笑)
GM「ふぅん。
  ゆつきちからさっき、連絡が入ってさー。
  あのぼけっ子とメガネっ娘の持ってた探査機の反応が消えちゃったー、とか、らしいよー?」
調査に出かけた後輩達の通信が途絶えました(笑)
まあ、沖那先輩に連絡は行かないわなあ(笑)
GM「むふふ、不思議不思議」
そして先生、仮にもチルドレンをメガネっ子呼ばわりは酷いです(笑)
GMでは、あだ名をつけましょう。
い、いや、それはまたの機会に(笑)
GMちぇ。
沖那「む…心配だな」
GM「そーかもねー」
沖那「『こちら』の世界では向こうが先輩とはいえ、やはり、な。
 それで、反応が消えた場所は?」
ああ、なんだか普通の対応が暖かいです、先輩(笑)
沖那ははは(笑)
このマッドがひどすぎるだけな気が(笑)
GM「なんでもない普通の道ねぇ。ちょっと人通りは少ないかしらー?
  ……ま、通信機のあるお部屋に案内しましょーか」
こちらは固定式。
くるりと背を向けて、歩き出します。
沖那「ああ、お願いするよ」
GM歩きながら契りが話し掛けます。
「沖那ちゃんはー……成功例なんだっけ?」
沖那「まあ、そう言われた気はするな」
GM「へー、へ〜、ふ〜ん。 ふんふん。 ん〜……」
ちょっと煮え切らない様子で首を傾げます。
沖那「何だ?私の顔に何かついているか?それとも他と何も変わらないとか?」

GM因みに白衣の背中に書いてある文字は、「どこまでおちるつもりですか?」 です。
着替えたのか!(笑)
GM白衣マニアと言う、隠れた設定が。
沖那白衣なら羽織るのを変えるだけで済むしな(笑)
医者として背中の文字は凄く間違っている気がする(笑)
GM医者じゃないですよ。(笑)
ただの研究者です。
頭にマッドと付く(笑)

GM「不自然じゃない」
簡潔に言う。
沖那「?何がだ?流石にこっちのことには疎くてな」
GM「成功例って事はさー、あんたら研究対象って事じゃない〜?」
ぴっと、薬指で沖那を指しつつ言います。
沖那「とすると、私が今ここにいることが、か?」
GM「より具体的に言えば――
  ――犯人さんは、研究対象の詳しいデータは欲していないのかどうか、って事」
沖那「対象の死体も放置、だしな」
GM「そーよー? 放置も野ざらし、そこらへんの猫や鳩の死体と同じレベルの放って置き具合〜。
  こんだけ大げさな事して――データの塊をほっぽってるわけよー」
くるくると指を回しながら、沖那を指しつつ。
「あんたも例に漏れず、ねー。
  不自然じゃない?」
今度は疑問系で言います。
沖那「やれやれ、となるとひょっとしたら犯人はただの気まぐれでやってるのかもな。ははっ」
軽く冗談めかしてそういい
GM「はっはー、そうかもしれないわ〜。だったら面白いわね〜。 と、着いたわよん」
部屋の扉を開きます。
「ちなみに、沖那ちゃんのデータは眠っている間に、かるーく取らせてもらいましたー。
  特におかしな点は無かったけどね〜。 後で精密検査受けてもらうかも」
と言って、通信機を弄ります。
沖那うむ、それでは通信…かな
GM何か知りたい事、やりたいことありますか?
通じるのかな、おもっきし沈黙してたけど(笑)
沖那だよねぇ(笑)
じゃあ、ここでシーン移る?
移ろうか(笑)
GM移りたいです?
沖那ん〜、いや、通信すると二人の侵食も上がるし(笑)
ぐはっ。
GM徹&遙とは通信できませんね。
場所も、最後に反応が途絶えたところくらいしか。
沖那「・・・繋がらない、か」
明彦先輩なら通信通じるんじゃ?(笑)
より侵食率のヤバイ方に連絡を(笑)
明彦俺に回すな(笑)
沖那しかたない、茂野に通信を(笑)
嫌がらせだ(笑)
明彦おい(笑)
GMそして、たわいも無いことを話してシーンを切る。(酷
沖那まあ、流石にやったらかわいそうだし(笑)
ここはほれ、え〜っと、あの人
明彦斎槻だな?
斎槻さん?
沖那ああ、それそれ
「それ」扱い(笑)
沖那変換できなかった(笑)
GM斎槻にはつながりますよ。
なんて読みなの?(笑)
ゆつき
明彦ゆつき。『さいつき』でやっと出るんだがな。登録しておけ(笑)
長い付き合いに……なるといいなぁ(笑)
GMちなみに下の名前は、宮路(みやみち)です。
みやじ で、変換できます。(ぁ
斎槻さんですね。
ともあれ、どうしますか?
沖那んじゃま、とりあえず斎槻さんに通信を
GMでは、つながりました。
斎槻さんの侵食率が上がった(笑)
GM「やっほー。ゆつきち聞こえるー?」
斎槻「ああ。遙の嬢ちゃんと上成少年との連絡は取れたのか?」
青年ではない。
なんですかその注釈は(笑)
いいじゃない、私にいたっては「嬢ちゃん」なんだから(笑)
GM「まだよ〜」
沖那「上成と八月朔日の発信機も通信も通じないのでな、どうしたものかと思って通信してみたのだが」
GM斎槻「……そうか。 沖那の嬢ちゃんだな。そっちに今居るのか?」
沖那「ああ、少し野暮用があって二人に先に行ってもらったのだが…」
GM斎槻「野暮用……ね。 少しは――落ち着いたか?」
沖那「まあ、な」
GM斎槻「そうかい」
少しの間。
斎槻「二人の持ってる通信機の反応は突然消えた」
沖那「ジャミングか何かか?」
GM斎槻「その確率が高い」
危険になると通じなくなるんですよ、UNG印のは(笑)
沖那O-Phoneと一緒か(笑)
通信の途絶……最悪の事態を想定(笑)
沖那「ふむ…となると、実際に見に行くのが早いか?」
GM斎槻「ああ。現場に向かってはいる」
あ、明彦えもん。
沖那えもん?(笑)
明彦おい(笑)
りん、じゃないの?(笑)
どっちかといえば、じゃい明彦(笑)
GM一応この連絡は言ってると思いますけれど、麻紀ちゃん護衛を優先します?
斎槻経由で連絡させてあげます。
明彦うーん。護衛優先、だな。
GM了解です。
明彦残念ながら、理由も得も無い。それくらいお前等が出来んくらいならどうしようもないしな。
ふ、信頼されてると、思い込もう(笑)
GM斎槻「目付きの悪い茂野君は、護衛の方を優先するらしいが……
   沖那の嬢ちゃんはどうする?」
明彦お前に言われたくないな、斎槻(笑)
GM言われてしまいました。
沖那「アイツはそういうヤツだからな、ははっ。
 私としては後輩が心配なのでな。できればそちらに行きたいところだよ」
GMとるはるを追いかけますか。
登場侵食振れば一発さ(笑)
GMGMが禁止できます、それ。(笑)
斎槻「沖那の嬢ちゃんには連絡手段もないし……、消失場所の辺りで、落ち合うか」
沖那「ああ、お願いするよ。できるだけ急いで向かおう」
GM斎槻「特殊遺伝子に発情してやがるそこの美人天才研究者さん」
「はいはい〜?」
斎槻「消失地点をプリントアウトして、嬢ちゃんに渡してやってくれ」
「面倒ね〜」
考えてみたら、機械は無理でもワーディングは感覚で追えるよね(笑)
ただ、高速で移動してるかも(笑)
GMと言うわけで、特に何かなければ通信終了です。
沖那ああ、では終了で
GM何か他にやりたいことありますか?
沖那いや、特に
GM「ゆつきちったら人使い荒いわー。恋人とか出来ないわよー? と、はいどーぞ」
ぺっととりあえず地図を渡します。
明彦…移動手段どうすんだ?
沖那自転車?(笑)
調達判定をするんですよ(笑)
調達判定(笑)
明彦堅陸には無理な相談だ(笑)
沖那「ああ、ありがとう。それと、何か速い足は無いか?自転車ぐらいは欲しいが」
GM「あー。そのくらいなら提供できるんじゃないかしらー?」
UGNマークの付いた自転車が(笑)
沖那運転無いけど、感覚1だけど(笑)
大丈夫です先輩! 私は運転1あるけど、感覚は1です!(笑)
沖那ははは(笑)
べスパのタメだけに取った運転技能だから(笑)
GMと言うわけで、自転車が欲しいのなら……調達判定?(笑)
自転車、購入目標値は2です(笑)
1さえでなければ調達できる、のかな?(笑)
沖那よし(笑)
(ころころ……) = 5
できた(笑)
ははは(笑)
自転車げーっと(笑)
GMデザインはそちらで自由に。
沖那あ、それと
GMはいはい?
沖那念のためジャケット貸してくれない?(笑)
GM防弾・防刃?
防弾防刃ジャケット?
沖那うい、何で普通のジャケット貸してくれないといわにゃならんのだよ(笑)
ジャケットの目標値は5です(笑)
GM良いですよ、判定どうぞ。
沖那(ころころ……) = 6
うし
お。
GMお〜、では、白衣でも、かしますか!
防弾防刃白衣?(笑)
沖那OK!(笑)
GM良いんですか!
沖那いいよ、効果があるなら(笑)
字は?
『死して屍拾うものなし』でしょ?(笑)
特攻隊のようだ(笑)
GM特に希望がなければ、「断崖絶壁八方塞転落死」 になりますけれど。>文字
沖那じゃあそれで
明彦堅陸、お前もイロモノに…(笑)
沖那何を言う、時間がもったいないだけだ
GM「沖那ちゃーん、特殊繊維で白衣作ってみたんだけどー……
  私実戦に出ないから、1個あげるわ〜」
沖那「感謝する!」
と、肩にかけながら駆け出していく
凛々しいよ先輩! 背後から見なければ!(笑)
沖那といったところで、シーン切りますか
GMではシーンカットです。
 


  ←前へ
          次へ→
    夢吐きINDEXへ戻る