第一幕 Lullaby. La,La,Bye. ―まどろみをうたおう―
Pre Play
←間幕ノ一へ 次へ→

  GM : 自己紹介から始めておきますか。 徹  : はーい。 遙  : はーい。 沖那 : じゃあ、番号順で     PC1:上成 徹 徹  : 上成徹、高校二年生。ただの高校生です。趣味はスケッチ。      シンドロームはブラックドック/エンジェルハイロウ。ぼーっとした性格をしてます。      以上でいいでしょうか? 明彦 : はいよろしく(笑) 遙  : よろしく〜。 徹  : よろしくお願いします。 GM : うーん、簡潔です。      皆様質問などはありませんか? 徹  : あ、昔の記憶が無いです!      双子の妹がいたらしいですか、顔も思い出せません。うーん。 遙  : 質問……はい、上成君はイリーガルですか? それとも野良ですか? UGNとの関係は? 徹  : 野良で、UGNには登録だけしてます。関わりあいたくないので、避けています。 遙  : ふむふむ。 GM : なぜ関わり合いたくないのですか? 徹  : 平和な日常が好きなんです。UGNとかレネゲイドは、それを壊すと思っているので。      でも、実際はばっちり監視されてるんですね(笑) 遙  : ふ、平和な日常、か……可哀相に(笑) 明彦 : まぁ、オーヴァードだからな(笑) 徹  : おーのー(笑)      ほかには特にありませんか? 明彦 : 俺は無いな。 遙  : まぁ、こんな感じかな? GM : コードネームを。 徹  : 雷霆鞭(Thunder Whip)です      元ネタどおりならサンダーホイップなんですが間違えたー(笑) 遙  : パチもんか(笑) 沖那 : たはは(笑) GM : まぁ、元ネタがあるだなんて外道ですから。 徹  : では次の方、どうぞ。 GM : はい。 では、特に主張したいことが他に無ければ、PC2へ移って下さいませ。 遙  : はい、PC2だから私ですね。     PC2:八月朔日 遙 遙  : その避けられているUGN関係者、UGチルドレン、      八月朔日 遙(ほづみ はるか)、同じく高校2年です。      幼少期にUGNに保護された、元FHチルドレンでした。      潜入工作や扇動などを目的に環境適応能力の強化を重点的に訓練されていたため、      『一般社会とオーヴァードとの共存』を理念とするUGNとしても得がたい素材のようで、      現在はオーヴァードの社会適合テストとして、一般生活を行う特殊なチルドレンをしています。      あとは、おう、コードネームは、慈悲【イノキュオス】      シンドロームはオルクス/ソラリス、回復、補助、攻撃、交渉、洗脳と色々できます。      また複製体効果でノイマンのような的確な<アドヴァイス>を送る事が可能です。      ん〜っと、これくらい……あ、あと学校では委員長をしています。      以上、かな? 徹  : メガネメガネ(笑) 遙  : しまった! メガネ! メガネをかけてます!(笑) 沖那 : それは必要な情報なのか?(笑) 明彦 : 名前が呼びにくいぞ八月朔日。これは先輩に対する嫌がらせか八月朔日。      というかもっと打ち易い苗字にしろ八月朔日!!(笑) 遙  : 呼びにくかったら登録しておくんなまし(笑) 徹  : いいんちょーと呼べば(笑) 沖那 : ち、しかたない、登録してやろう(笑) GM : あれ? 結局委員長になったのです?      そう呼ばれているだけ……と言うややこしい設定があったような……。 遙  : まぁ、オーソドックスに「学級委員長」に就任しておこうかと、ここら辺は場の流れかな?      問題ありなら、例によって「生徒会書記」だけどあだ名は「委員長」でもいい(笑) GM : 問題はないです。貴方の好みの問題です。(笑) 遙  : はっはっは、じゃあクラスに馴染もう、ロイスはいないけど(笑)      さて、他に質問は? 徹  : 特にありません。 GM : 口癖は? 好きなものは、嫌いなものは? では次に行きましょう。 徹  : 質問しておきながら(笑) 遙  : 言うのか、次に行くのか、どっちだ?(笑) GM : 答えて下さるのなら、返答お願いしますー。      シナリオへ、重大に関わってきます! 沖那 : ええー(笑) 遙  : 口癖はまだ特に、好きなものはホットココア、嫌いなものは生魚、だから刺身や寿司ね。      さぁ! 関わらせられるなら関わらせてみよ!(笑) 徹  : さ、次ドウゾ。 GM : ふふ。(笑)      次はPC3さんです。 沖那 : ふむ、私か     PC3:堅陸 沖那 沖那 : 名前は堅陸 沖那(カタオカ オキナ)、高校3年生だ      趣味はダンス、といっても幅は広すぎるが      家は古武術の道場をしているが、門下生もそういないし、      私自身も別に本格的に学んでいるというわけでもない      オーヴァードとしては未覚醒なので、その辺は後々      ・・・まあ、こんなところか? 徹  : 旦那さんのことは? 沖那 : む? 富来のことか? 私の口から説明することでもないだろう?(笑) 遙  : まだ籍入れてないよ、熟年カップル(笑) GM : あははは。 明彦 : 同棲10年目か?(笑) 遙  : 長! 小学校時代から(笑) 沖那 : まあ、親友だな。男女間では真の友情は成立し得ない、      という話も聞いたことはあるが、どうか怪しいものだな、うむ GM : 良いですねー。(笑) 遙  : 先輩は現時点では非オーヴァードなので、UGNとはまったく関係がないんですね。 沖那 : うむ 明彦 : まぁ、覚醒したらこの面子の防御の要だ(笑) 遙  : 私、回避も防御も出来ませんので、ヨロシクお願いします(笑) 徹  : では次ですか? 遙  : ですか。 GM : 他に主張したいことや      訊きたい事はありませんか? 明彦 : 無いな。 沖那 : いや、とくにはないな 徹  : 特に無いですね。 GM : 無ければ、最後のPC4に移って下さいませー。 明彦 : ああ。 遙  : ふむふむ、では最後の先輩。     PC4:茂野 明彦 明彦 : 茂野 明彦(しげの あきひこ)、高校三年。      いわゆる不良のレッテルを貼られている。      親父は国会議員だ。だが、家出勘当同然だからな。もう縁は無い。      生活費その他はバイトだ。何でも屋でな。      コードネームは『魂喰らいの魔剣(Tyrfingr)』。      UGNの依頼を受けることもあるぞ。所長がな。      ちなみに大型二輪免許も持っている。相棒は所長から譲り受けたカタナだ。      シンドロームは『キュマイラ/ブラムストーカー』。      装甲無視の大ダイス攻撃が強み、というところか。      質問はあるか? 徹  : ストーカーのことをー 遙  : え〜、先輩には熱烈なファンが付いていますので、その件を(笑) 沖那 : くくっ(笑) GM : 酷い扱いです……。 徹  : ごめんなさい。スニーキングな彼女さんということで(笑) 明彦 : コナかけられてるのを原因から全員ぶちのめしてやったら懐かれただけだ。      イメージとしては『今日から俺は!!』の開久高校を一人でぶちのめしたと思っておけ。 徹  : わからねー(笑) 遙  : まぁ、不良なのだけれど、不良らしくない先輩、と。 徹  : ナイトウィザードの某魔剣使いほどじゃないでしょう(笑)>不良だけど不良らしくない 明彦 : 授業もサボるし態度も不真面目だが、タバコは吸わんしイジメもカツアゲもしねぇからな。      酒の方はノーコメントだ。 GM : 他には特にありませんか? 遙  : ふむ……何でも屋としてUGNから依頼を受ける関係上、私とは顔見知りでしょうね。 明彦 : 所長の兎多恵さんは荒事向きじゃねぇしな。『そっち』方面じゃあ俺が出張る。 遙  : では、質問は特には無いですね。 徹  : 特になしー 沖那 : うむ GM : では     PC間ロイス GM : PC間ロイスです。 明彦 : 順番はどうなんだ? GM : 少々お待ちください。 徹  : あ、そうだ。私事追加で悪いんですけど一つだけ。 遙  : ほい? GM : はいはい? 徹  : 叔母さんは刑事で、UGNとかレネゲイドのことも知ってるということでお願いします。      それがらみの事件をUGNに任せたりとか、そんな感じですね。 遙  : なるほど、一般の協力者、という感じですね。 徹  : でも、僕は叔母さんが知ってると言うことを知らないで(笑)       自分のことを隠している、つもりなんです。 GM : ですか。 徹  : 以上です。 GM : 了解です。      PC間ロイスは、やっぱり……4→3→2→1→4ですかね。 普通に。 徹  : えー、前に決めてましたよね。 沖那 : うむ 明彦 : ああ、決めていたな。俺は堅陸に同情/嫉妬、同情が表で持っている。 GM : 既に取っている場合も、改めて明確に報告して下さいね。 徹  : 僕は明彦先輩に、○尊敬/嫌悪だか。 沖那 : 八月朔日に感服/厭気、表が感服 遙  : 私は上成君に「慕情」と「 憐憫 」で、表は慕情(笑) 徹  : 憐れまれてます!(笑) 明彦 : 憐憫を強調するのか、八月朔日(笑) 遙  : まぁ、なにか懐かしい気がして気になっているのだけれど、      未だに無理に日常にしがみ付いている事に哀れみを覚えることもある、という感じで。 GM : ふむふむ。 遙  : ……受け入れればいいのに、拒絶するだけでは「共存」は成り立たないのよ? 徹  : いやだー! こんなの人間であるもんかー 遙  : と、こんな感じか(笑) 明彦 : まぁ、そこら辺の葛藤は俺達(PC3,4)には関係無い。まだ(笑) 徹  : こちらは、レネゲイド絡みって絶対血なまぐさくなるから嫌だー!という感じ(笑) 遙  : 堅陸先輩にいたっては、レネゲイド? なにそれ? という(笑) GM : あはははは。 徹  : 素敵です(笑) 沖那 : はっはっは(笑) 徹  : そのままの先輩でいてください(笑) 遙  : そういえば先輩は、私のなにに感服してるんだろう(笑) 徹  : メガネ?(笑) 遙  : メガネ!? こんな所に!(笑) GM : メガネに感服!? 徹  : 並のメガネじゃねえ、と(笑) 明彦 : 堅陸、放って置くとどんどん変な方向に向かって行くぞ?(笑) 沖那 : はいはい、阿呆なこといってるんじゃない(笑) 遙  : ふふ、まぁ真実はおいおい解っていくでしょう(笑) 沖那 : とりあえず、そのある意味完璧な委員長っぷりに、かな?(笑) 明彦 : つまり真面目さか(笑) GM : さてと。 遙  : はい。 GM : 始めましょうか。 今回予告を流しますね。   いままでに決別を、これからに挨拶を。   誰もが望んだ、誰も望んでいない、   そんな物語を、ささやかに始めよう。   眠りに堕ちるように、人は死ぬ。   続く殺人に、重なる悪夢。   つかの間の拮抗に、訪れる終結。   貴方達に、進むべき道を。 第一幕    「Lullaby. La,La,Bye. ―まどろみをうたおう―」 明彦 : では、よろしくお願いする。 徹  : よろしくお願いします。 遙  : よろしくお願いします。 沖那 : よろしく GM : それでは、      「夢吐き達の現(うそつきたちのゆううつ) 〜Do you know "This" world?〜」      第一幕を、開始します。      私としては心臓どきどきで用意もままならない状況なわけですけれど、      皆様どうぞよろしくお願いいたします。 徹  : はーい。


  ←間幕ノ一へ           次へ→
    夢吐きINDEXへ戻る